非常に強い台風12号、小笠原諸島に接近中

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
台風第0612号「イオケ」
台風12号、1日午前8時30分。アメリカ海軍台風情報センター/米国海洋大気圏局による
3日午前9時55分に
気象庁が発表した
3日午前9時の実況
位置 南鳥島の北北西
北緯25度05分
東経153度35分
大きさ
強さ 非常に強い
中心気圧 945hPa
最大風速 45m/s
進行方向 西北西
速度 25km/h
暴風域 北東側280km、南西側170km
強風域 北東側560km、南西側410km

【2006年9月2日】

読売新聞によると、ハリケーンから台風に名を変えた台風12号「イオケ」(Ioke) は太平洋を西北西へ進み小笠原諸島に接近している。その勢力は一時、ハリケーンとして最大の強さを表すカテゴリー5を記録した。現在の風速はハリケーンのカテゴリー2に相当する。気象庁の3日午前9時の発表によると、台風は今後父島の東の海上に進んだ後北上し、6日午前9時には本州の東の海上に進む見込み。

気象庁は、台風12号が勢力を強めたまま南鳥島に接近する可能性が高いため、南鳥島気象観測所の全職員を一時島外に避難させることを発表した。また読売新聞によると、自衛隊員ら39人もすでに脱出しているという。朝日新聞によると、同島に駐在する気象庁職員らが台風の接近に備えて島外避難するのは初めてのことだという。

最近の台風等関連記事[編集]

出典[編集]