長野電鉄が初代成田エクスプレス「253系」を導入

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年6月5日】

長野電鉄が譲受した253系。3両編成2本が譲渡されることとなった。(CC-by-sa-2.5
2010年鉄道関連ニュース

信濃毎日新聞によると、長野県私鉄長野電鉄は3日、初代成田エクスプレス253系を3両編成2本、合計6両をJR東日本から譲受したことを発表した。これにより、製造から50年前後が経過した長野電鉄2000系2本は置き換えられ、廃車となる予定。

マイコミジャーナル及び読売新聞によると、同電鉄は「ゆけむり」として運行している元小田急ロマンスカー1000系とともに運行してきた2000系の後継車を探していたが、JR東日本が昨年10月から成田エクスプレスに新型車両E259系を導入したことに伴い、廃車となる予定であった253系を買い取った。今後、寒冷地対応化やワンマン運転仕様への改造を行い、2011年春より長野湯田中間の特急列車として運行する予定。同電鉄はこれまでに営団地下鉄日比谷線及び東急田園都市線の車両や、小田急ロマンスカー10000形など、首都圏で使用されていた車両を再利用しており注目を集めている。

情報源[編集]