運転士が停車位置を誤りトンネル内で後部車両の扉が開く - 東京メトロ副都心線池袋駅

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京メトロ副都心線池袋駅ホーム(CC-by-sa-3.0
2013年鉄道関連ニュース

【2013年3月29日】

3月29日午前7時35分頃(UTC+9)、東京都豊島区西池袋[注釈 1]東京メトロ副都心線池袋駅で、元町・中華街清瀬行き急行列車が誤って本来の停止位置からおよそ39メートル[注釈 2]手前で停止し、後部の車両2両がホームに差し掛かる前のトンネル内でドアを開けるトラブルがあった[1][2]。同列車の乗車率は20%ほどで[1]、後部車両2両にはおよそ10人の乗客がいたが、けがはなかった[2]

東京メトロによると、列車は10両編成でワンマン運転を行っており[2]自動列車運転装置(ATO)により正規の停車位置に停車しようとしていたが[1]運転士が列車を8両編成だと思い込み[1][2]、手動ブレーキをかけて8両編成の停車位置まで後退させ、後部2両がホームをはみ出したままドアを開けた[2]総合指令所でもこのミスに気付いていなかったという[1]

このトラブルの影響により、東京メトロ副都心線と有楽町線が13分間運休し、およそ2万2600人の乗客に影響が出た[2]

注釈[編集]

  1. 町名は朝日新聞より
  2. 朝日新聞では約40メートル

情報源[編集]

本ニュースは「朝日新聞」および「日刊スポーツ」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 朝日新聞デジタル 『2両分ホームはみ出し扉開ける 副都心線運転士が勘違い』朝日新聞社、2013年3月29日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 nikkansports.com 『停車誤りトンネルで扉開く メトロ池袋駅』日刊スポーツ新聞社、2013年3月29日。