近鉄の新型観光特急『しまかぜ』が運行開始

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2013年3月21日】

近鉄の新型観光特急車両『しまかぜ』50000系
2013年鉄道関連ニュース


産経新聞朝日新聞によると、近畿日本鉄道の新型観光特急・『しまかぜ』が、3月21日UTC+9)から運行を開始した。

朝日新聞によると、『しまかぜ』は、伊勢神宮に於いて20年毎に社殿を造り替える大祭・「式年遷宮」に合わせる形で導入。大阪難波-賢島間並びに、近鉄名古屋-賢島間を、水曜日を除きそれぞれ1日1往復運行される。

産経新聞によると、この日、大阪難波駅では出発式が開催され、同社の三輪隆専務は「近鉄が自信を持って投入する特急であり、乗車することを旅の目的にしてほしい」とアピール。その後、多数の鉄道ファンらが見守る中、満員の乗客を乗せた一番列車が賢島駅に向け発車した。

産経新聞によると、『しまかぜ』の車両(50000系)は、座席の前後間隔が広くゆったりと寛げるようになっているほか、大きな窓から景色を楽しむことができる。また、朝日新聞によれば、先頭及び最後尾車両は、ガラス面の特に大きい展望車両となっていて、他、靴を脱いで寛げるようにした和風個室や、2階建てカフェ車両がある。運賃特急料金とを合わせた乗車料金は、大阪難波-賢島間が4,810円で、近鉄名古屋-賢島間が4,480円。

産経新聞によると、チケットの販売は好調な状況で、大阪難波発は4月20日発までほぼ完売しており、近鉄名古屋発も平日に若干空席がある程度であるとしている。

情報源[編集]