第54回全日本実業団対抗駅伝 日清食品グループが初優勝

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年1月1日】

日清食品大阪本社(参考、2007年撮影、CC-by-sa-2.5

元日恒例の第54回全日本実業団対抗駅伝が1月1日(UTC+9)、前橋市群馬県庁前を発着点とする7区間、計100キロに全37チームが参加して開催され、日清食品グループが4時間50分7秒のタイムで初優勝を果たした[1][2][3]

日清食品グループは1区で2位、2区では4位に後退したが[1]、3区で新人の佐藤悠基選手が区間賞を記録する走りを見せ、首位に浮上[1][2][3]。4区では3位に後退したものの5区で再度首位に立ち、最終7区では新人の小野裕幸選手が後続を引き離し、区間賞を記録して逃げ切った[1][2][3]

2年ぶりの優勝を狙ったコニカミノルタは29秒差の2位[2][3]、前回優勝の富士通は3位[1][2][3]中国電力が4位に入り、前回3位の旭化成は8位だった[2]

情報源[編集]

本ニュースは「日刊スポーツ」と「共同通信」、「時事通信」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 nikkansports.com 『日清食品グループが初優勝/駅伝』日刊スポーツ、2010年1月1日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 47NEWS 『日清食品グループが初優勝 全日本実業団駅伝』共同通信社、2010年1月1日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 時事ドットコム 『日清食品、初の栄冠=5区からトップ守る-全日本実業団駅伝』時事通信社、2010年1月1日。

関連ニュース[編集]