コニカミノルタが2連覇、全日本実業団駅伝

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年1月1日】群馬県で元日に行われた第50回全日本実業団対抗駅伝で、コニカミノルタが4時間44分54秒のタイムで2年連続通算5度目の優勝を果たした。2位は中国電力、3位は富士通だった。

日本実業団対抗駅伝は1957年に第1回が開催され、今年で50回目を迎える。群馬県庁前から始まる全長100kmのコースを43の団体で走り、途中6の休憩所を通過する。

優勝したコニカミノルタは2区までに先頭に立ったが、3区で3位まで後退した。しかし、5区で再び先頭を奪い終盤にまでペースを持続させて逃げ切った。

出典[編集]