短信:2018年/4月/14日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 4月14日の短信 >>翌日

  • (社会)2004年、廿日市市の当時高校2年生・17歳の少女が刃物で刺し殺された事件で、4月13日までに殺人の疑いで逮捕された宇部市の会社員の男(35)が、調べに対して「通りすがりで(殺害行為を)やった」とする供述をしていたことがわかった。男は2004年10月5日午後、少女宅で少女の胸や首を刺し殺した疑いがもたれている - 読売新聞
  • (スポーツ)4月15日に予定されているボクシングのWBCフライ級タイトルマッチに出場する比嘉大吾選手が、フライ級の体重上限を900ℊ上回る51.7㎏だったため、再計量を求められたが、比嘉選手が所属するボクシングジムの具志堅用高会長がギブアップを申し出て、タイトルはく奪となった。日本人ボクサーが世界王座を没収させられるのは史上初のことで、この試合で比嘉選手が勝った場合はこのタイトルは空位となるが、仮にノックアウトで勝利した場合でも、自らがタイ記録としている連続ノックアウト勝利記録(勝利すれば16連勝)は認められるとした。また対応を協議した日本ボクシングコミッションは、改めて15日朝に比嘉選手に対する再計量を行い、上限の55.3㎏を超えた場合は試合自体も中止して出場資格も没収させる可能性もあるとした - サンケイスポーツ毎日新聞

2018年4月14日の記事