短信:2016年/7月/5日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 7月5日の短信 >>翌日

  • (文化)テレビ朝日元俳優の夫が覚醒剤取締法違反で逮捕された、高島礼子さんが主演したドラマ「女たちの特捜最前線」(7月21日開始)について、「予定通り放送する」(亀山慶二常務)としており、高島さんの降板も考えていないことを明らかにした - デイリースポーツ
  • (スポーツ)日本野球機構は2017年度のペナントレースの日程について発表した。来年はワールドベースボールクラシック決勝大会が3月にあるため、選手会側から開幕日を遅らせるように要望が出されたが、当初からの日程案である3月31日開幕で承認され、同日開幕とすることが決まった。また2軍のフレッシュオールスターは7月13日に静岡市草薙球場オールスターは7月14日にナゴヤドーム、15日にQVCマリンフィールド(千葉)で、日本シリーズはパ・リーグの優勝球団の本拠地(リーグ優勝かクライマックスシリーズ優勝かは未定)で10月28日から開始する - サンケイスポーツ
    • (上記関連)いわゆるコリジョン・ルール(ホーム上の危険な衝突を減らす目的で導入された競技ルール)について、日本野球機構と参加12球団は7月4日の実行委員会で、ルールの見直しについて当面継続審議とすると決めた。これまでに4回にわたり、このコリジョン・ルールが適用されたが、その解釈や適用の有無について混乱が続き、いくつかは日本野球機構に対し意見書が球団から寄せられたという。このため見直しについては方向性は一致しているが、シーズン中の変更は好ましくないとして、継続審議となった - 産経新聞
    • (上記関連)2020年東京オリンピック期間のプロ野球について、日本野球機構と参加12球団は7月4日の実行委員会と理事会で、この期間中はペナントレースの開催を中断する方針を固めた。正式には7月11日のオーナー会議で決定する。過去にプロ選手が出場した2000年のシドニー五輪以後、公式戦は並列開催とし、大規模な中断とすることはなかった他、前回東京で行われた1964年のそれは開幕日を前倒して、10月の五輪本番に備えたが、2020年のそれは夏季開催(7月24日~8月9日)となることから、日本野球機構が譲歩・配慮した格好となった - 朝日新聞
    • (上記関連)2020年東京五輪・パラ五輪組織委員会は、野球(男子)・ソフトボール(女子)の追加種目が承認された場合、主会場を横浜スタジアムとする方針を固めたことがスポーツ報知の取材で分かった。これまでも首都圏の主要球場を会場の候補地として選定作業を進めてきたが、テロ対策を重視し、球場周辺で避難・待機場所が十分に確保できるかについて検討を重ねた。今回有力な候補となったハマスタは横浜公園にあり、セキュリティー面のチェックが十分できると判断し、横浜市庁舎の移転が実現した場合のその跡地活用も可能だとしているが、球場の広告フェンス・看板は、五輪期間中は掲示することができず、それをシートで覆ったり、五輪協賛の企業・団体のものに差し替えられるなどにより、一部ではスポンサー撤退の可能性も示唆されている - スポーツ報知
  • (政治)参院選自民党比例代表の片山さつき候補、街頭演説中に暴行を受ける。「アベ死ね」等のプラカードを持った約20人に取り囲まれ、罵声のなか握手を求めた手をはたかれる - 夕刊フジ