短信:2016年/2月/11日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 2月11日の短信 >>翌日

  • (政治)日本政府は先ごろのミサイルの打ち上げに際して、北朝鮮国籍を持つ者は、原則として北朝鮮に渡航した場合、公務員・民間人を問わず、原則再入国を禁ずる経済制裁を発表した。人道的な目的での北朝鮮に対する10万円以下での送金は認められるが、それ以上の無断送金も禁止される他、北朝鮮に一度寄港した第3国(日本・北朝鮮以外の各国)の船舶についても日本への無断入港が禁止される - 朝鮮日報
    • (上記関連)この日本独自の経済制裁を受け、韓国の政府は北朝鮮の開城(ケソン)工業団地に入居している企業などの操業も全面的に中断する処置を取った。国連が行う制裁決議がもたついている中、独自制裁を発動することで北朝鮮に対する圧力を強める狙いがあるが、北朝鮮からの反発も懸念される - 日経新聞