短信:2016年/2月/10日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 2月10日の短信 >>翌日

  • (経済)株式会社明治は2月9日、うがい薬のパッケージについて、イソジンを4月からブランドを委譲する、塩野義製薬の子会社と、開発元のムンディファーマに対して、デザインが酷似しているとの理由で使用しないように差し止める仮処分を東京地裁に申し立てた。イソジンはムンディ社との契約・提携により、50年以上にわたり明治(旧・明治製菓)が国内独占販売していたが、ムンディ社との契約更新を終了するのに伴い、明治側は4月から独自のブランドでうがい薬を販売する予定になっているが、ムンディ社と4月以後の販売契約を結んだ塩野義側が、このイソジンのパッケージに、明治側が使用している「カバくん」のデザインに似ているデザインが描かれ、消費者が混乱を起こす可能性があるとして申し立てたという - 日経新聞

2016年2月10日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。