短信:2016年/12月/4日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 12月4日の短信 >>翌日

  • (スポーツ)サッカー・J1リーグの年間決勝戦「明治安田生命チャンピオンシップ・ファイナル第2レグ」が12月3日、埼玉スタジアムであり、前期1位・年間総合3位の鹿島アントラーズが、一旦は浦和レッズ(後期・年間1位)にビハインドを許すが、前半40分に金崎選手の同点ゴール、更に後半34分、鈴木選手が倒されたことによって得たPKをまたも金崎選手が決めて2-1で勝利。11月29日の第1レグとの総合スコアは2-2で並んだが、大会規定により同点で終了した場合はアウェーでの得点を参考に決めるため、アウェーでの得点で2-1だった鹿島が大逆転優勝で2009年以来7年ぶり8回目のJ1年間チャンピオンが決まった。上述のとおり、鹿島は年間総合3位、首位の浦和から15点のビハインドを許すも、11月23日の準決勝で年間2位の川崎フロンターレを下すのに続き、今回のCSでも「2得点以上挙げて勝たないと優勝できない」という不利な状況を覆しての大逆転優勝だった - 朝日新聞スポーツニッポン
  • (経済)東京電力福島第一原発事故の賠償費用、約3兆円を電力の自由化で参入が認められた新電力と既存の大手電力会社で共同で負担する方針であることが分かった。大手電力はその分を新電力の需要の約3割相当を目安として、火力発電などで安価な電気を新電力に開放するという - 産経新聞
  • (社会)宇都宮市の日光サーキットで、11月20日に行われたドリフト走行(タイヤを滑らせて走る技術)を競うコンテストの練習中に、タイヤが外れた事故で、タイヤが後頭部を直撃し意識不明だった、このコンテストに出場予定のチームスタッフだったピアノ講師の女性(35・本庄市)が12月4日死亡した - 毎日新聞
  • (社会)12月4日、越谷市の路上で乗用車が電柱に激突し、その電柱が道路をふさぐ事故があった。このため同日に開催予定だった同市主催の駅伝大会が取りやめ・延期となった - ANN(テレビ朝日)
  • (スポーツ)松坂大輔投手が、現地12月3日、プェルトリコでの野球ウィンターリーグにカロリナチームの一員としてデビュー登板を行った。この試合は4回2失点、チームもカクアスチームに1-3で敗れて敗戦投手となった - 日刊スポーツ
  • (文化)スポーツニッポンが、今年「こちら葛飾区亀有公園派出所(こち亀)」の延べ40年間にわたる大河連載終了後、新たに4本の新作を手掛けることについてインタビューをした。秋本氏によるとこの新作については週刊・月刊・旬刊(月2回や隔週刊などの類)の4つの雑誌に不定期に連載する、いわゆる「シリーズ連載」を手掛けるとしているが、「連載を持ちながら別のものを描くのは大変で、連載を一つ終えるとまた次の連載というのが普通だが、時間がたてばモチベーションも落ちるし、他に描きたいものもできる。描きたいときが描き時と思って4本を描くことにした」としている - スポーツニッポン

2016年12月4日の記事