短信:2016年/10月/20日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 10月20日の短信 >>翌日

  • (社会)黒石市での夏祭りを題材とした写真コンクールで最優秀賞・黒石市市長賞を受賞した作品の被写体に、いじめを苦に自殺したとみられる青森市の当時中学2年生の女子生徒(当時13)が写され、「コンクールの趣旨にそぐわない」として一度取り消された市長賞を、主催者が受賞取り消しを撤回して改めて贈呈すると発表した。高橋憲市長は「生徒に配慮して受賞取り消しをしたが、氏名や写真が公表されたことから、応募者とご遺族のご了承を得て、改めて市長賞をお送りしたい」と述べた - NHK
  • (社会)智頭町で、鳥取県が栽培を許可していた大麻の加工品を製造していた会社の経営者が大麻取締法違反で逮捕された事件を受けて、同県の平井伸治知事は10月19日の会見で、産業用を含めた大麻の栽培を今後原則として全面禁止にすると発表した。条例で産業用大麻の栽培を全面禁止したのは今回の事例が初めて。産業用大麻は製品の原材料などに使われ、各都道府県から栽培免許の資格を取得すれば栽培できることになっており、経営者の男も2013年から鳥取県からの許可をえて栽培していた。今回の逮捕容疑で所持されたとする大麻は智頭町で栽培されているものとは別とされるが、平井氏は「免許の交付基準を厳格化するよりも、産業用を含めた栽培自体をさせない方がよい。今後、鳥取県内では新規の大麻栽培者の免許は出さない」とし、早ければ11月の県議会に、新規の大麻・けし栽培の申請許可を原則として禁じる条例の改正案を提出する方針である。また逮捕された男が経営する業者に対しての大麻栽培許可も抹消させ、今後同社が改めて申請を行っても栽培許可は一切認めないとしている - 毎日新聞NHK
  • (スポーツ・ひと)ラグビー日本代表選手・監督や、ラグビー・神戸製鋼スティーラーズ選手・ゼネラル・マネジャーなどを歴任した平尾誠二氏が10月20日死去した。53歳。同氏は、伏見工業高等学校同志社大学卒。同志社時代には前人未到の全国大学選手権大会3連覇を果たし、1986年神戸製鋼入団。日本選手権7連覇を果たす強豪に成長させた。引退後、1997-2000年に日本代表、神戸製鋼でも総監督やGMなどを務めてきた - 読売新聞神戸新聞

2016年10月20日の記事