短信:2016年/1月/15日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 1月15日の短信 >>翌日

KARA(2014年)
  • (文化・ひと)韓国の女性アイドルユニット・KARAのメンバーのうち3人(ギュリ、スンヨン、ハラの3氏)が所属していた芸能事務所との契約を満了し事実上解散することが現地1月15日発表された。ヨンジさんだけは引き続き同じ事務所でソロの芸能活動を行う。KARAは2007年に韓国で結成し、2010年には日本でもデビュー。2011年にはNHK紅白歌合戦にも出場した。しかし度々解散問題が起こり、2011年には3人が契約解除を申し出るも、この時は全員が再契約。しかし2014年に1人が脱退、もう一人のジヨン(知英)さんも契約満了を持って脱退し、残り3人にヨンジさんを加えた4人で再始動したが、契約の2年が満了したため、韓国では解散報道が再三起こっていた。なおジヨン(知英)さんは卒業後日本の芸能事務所と契約し、女優として活動している - デイリースポーツ
  • (社会)長野県軽井沢国道18号道路のバイパスで、1月15日午前2時ごろ、群馬方面から向かっていたバスが道路から反対車線からガードレールを超えて約3m下に落下する事故があった。この事故でスキーツアーに参加する客を中心とした乗客・乗員41人のうち14人が死亡、27人が病院に運ばれ意識不明者もいるという。このうち乗客7人と乗員2人の9人の身元が確認された。主催者によると、1月14日午後11時ごろに都内を出発し、斑尾(まだらお)高原に向かっていたが、当初予定された上信越道ではなく、ルートを変更して、碓氷(うすい)バイパスにコースを変更したという - NHK
    • (上記関連)この事故でバスを運転し、死亡した65歳の男性は2015年12月に採用されたばかりだったが、労働安全衛生法で義務付けられている雇用時の健康診断を実施していなかったことを明らかにしたと発表した。またこの男性は65歳以上の運転手に求められる適性検査設けておらず、バスを運行した会社は、運転手に対する健康診断を怠ったとして、国土交通省から1月13日付で道路運送法の違反により車両使用停止の行政処分を受けたばかりだったという - 毎日新聞
    • (上記関連)この事故の遭遇に遭った学生のうち10人は、法政大学教授で教育評論家・尾木直樹氏のゼミに参加していたことが分かった。10人中4年生が男女4人ずつの8人、残りは3年生の男子学生2人で、このうち2人が死亡、5人は無事だった。残り3人は行方不明とのことである - 産経新聞
  • (社会)水戸市で1月10日に行われた成人式に出席した19-20歳の4人の男が、新成人の代表がスピーチをしていた最中に、持参した拡声器で「お前ら、ケンカ上等だ!!」などと騒ぎ立てて、式典を中止させたとして威力業務妨害で逮捕された。19歳の少年3人は20歳の男の中学校時代の後輩であり、このほか10人程度が騒ぎを起こしたとされ、水戸署は主犯格の4人の容疑が固まったとして逮捕したという - 産経新聞
  • (スポーツ)東京・大井競馬場で1月15日に行われた第5レースで、大量7頭が落馬する事故があった。これは3コーナーでアエノブリザードが右第1指骨粉砕骨折を起こして落馬し、その玉突きで周辺を走っていた6頭が相次いで落馬する事故を起こした。一部の騎手は打撲などのけがにより乗り替わりが発生したが、落馬した7人は全員意識がある。大井競馬場では2015年にも7月と11月に各5頭ずつが落馬する事故があり、安全面の対策の再構築が懸念されている - スポーツ報知

2016年1月15日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。