短信:2014年/8月/2日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 8月2日の短信 >>翌日

  • (社会)田無署は7月31日までに、中学2年生の長男(14)の顔を殴りけがを負わせたとする傷害容疑でこの父親(41)を逮捕した。男は「以前から子供を強くしようと殴った」と容疑を認めている。逮捕容疑は7月29日、自宅で長男の顔面を数回殴った疑い。その後長男は同30日午前8:50頃、首つり自殺をし、母親が見つけた。長男は6月中旬から体調不良を理由として学校を休んでいたという - 時事通信
  • (社会)青森地域広域消防事務組合は8月1日、7月31日に119番通報で出動した中央消防署の救急隊3人が、青森市の自宅で倒れていた50代女性を呼吸や脈拍の確認をせずに「死亡」と判断し、一旦現場を離れたため搬送が約14分遅れたことを発表した。現場に居合わせた青森署の警察官が約5分後に女性の生存に気づき、隊員が再出動し救急搬送した。女性の両脚の一部に床ずれがあり、皮膚の変色状態や冷たさなどから腐乱であると隊長(41)が誤判断したという - 朝日新聞読売新聞サンケイスポーツ