短信:2014年/2月/7日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 2月7日の短信 >>翌日

  • (気象)低気圧が発達しながら関東の南海上を通過するため、2月8日にかけて、関東の広い範囲で大雪になる恐れがある。特に東京都心では8日未明から日中にかけて雪が降り続く恐れがあるとして、気象庁は積雪による路面の凍結や交通の麻痺などの影響に注意して、早めに対応するよう呼びかけている - ウェザーマップ
    • (上記関連)気象庁は2月8日にかけて、西日本と東日本の太平洋側で風雪が強まり、平野部でもまとまった雪が積もる恐れがあり、特に東京都心では昨年1月を超える大雪になる恐れがあるとして、大雪や暴風への警戒を呼び掛けている。8日夕方までの予想積雪量(山沿いの多いところ)は中国地方50㎝、関東甲信近畿地方40㎝など。また関東の平野部でも多い所で20㎝の積雪が続き、その後も断続的に雪が降る見込み。また8日午後は東日本の太平洋側でも風が強まる恐れがあり、最大瞬間風速は関東・東海の陸上で18-20mなど。気象庁は大雪災害に警戒すると共に、路面凍結や交通機関の影響にも十分注意し、無理な外出は避けるように呼び掛けている - NHK
  • (経済)ジーンズエドウィンの債権者集会が2月6日行われ、主要取引先である伊藤忠商事が支援強化策を示した。伊藤忠はエドウィンを取り込むことによって繊維・ファッション分野の強化を図りたいとする狙いがある - 読売新聞
  • ソチ冬季五輪関連)
    • (スポーツ)ソチ五輪の開会式に先駆け、現地2月6日より一部の種目が先行開始され、フィギュアスケートは団体戦で、羽生結弦(ゆずる)選手が97.98点でトップに立った - スポーツニッポン
    • (スポーツ)ソチ五輪、フリースタイルスキー女子モーグルの第1回予選を前にした公式練習で、伊藤みき選手が滑走中に動けなくなり、右ひざの痛みを悪化させ、レースを棄権した。第2回予選の出場について、林辰男監督は「棄権した選手が第2回予選に回ることについては規定が特になく、これから協議するという回答だった」としたうえで、「伊藤の負傷の状態はちょっと厳しいのではないか」とする見解を示した - デイリースポーツ
  • (スポーツ)ボクシング亀田大毅選手のスーパーフライ級統一王座決定戦で敗れ乍らIBF王座が保持されたものと見なされたとする問題を受けて、日本ボクシングコミッション(JBC)は亀田ジムの吉井慎次会長と嶋聡マネジャーに対するライセンス更新を認めず、事実上資格没収となることを決めた。JBC規則では「ライセンスの翌年の更新は特別な事情がない限り許可される」(自動更新される)としているが、この一連の騒動が「特別な事情」に当たると判断した - 産経新聞
    • (上記関連)今回のライセンス更新停止を受けて、亀田ジムに所属している亀田興毅大毅和毅の3選手に対するプロボクシング選手ライセンスも事実上失効となり、今後日本国内での試合出場も事実上できなくなる。このボクサーライセンスはボクシングジムを通して発行されるもので、会長などのジム代表者がいなくなり機能がなくなると、ボクサーとしての資格も効力もなくなるとしている。今後、亀田3兄弟がジムを移籍するか、吉井会長の来年度の更新が行われた場合は、厳格に審査を行ったうえでライセンスを交付するかを判断するとしている - 時事通信

2014年2月7日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。