無人宇宙船『こうのとり』2号機搭載のH-2Bロケット、種子島宇宙センターから打ち上げ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2011年1月23日】

H-IIシリーズ

読売新聞朝日新聞によると、国際宇宙ステーション(ISS)に物資を輸送する無人補給船・『こうのとり(HTV)2号機』を塔載した日本製大型ロケットH-2Bの2号機が、1月22日UTC+9)午後2時37分に、宇宙航空研究開発機構によって種子島宇宙センター鹿児島県)から打ち上げられた。

朝日新聞によると、H-2BとHTVの打ち上げは、2009年9月に続き2回目のこととなる。

読売新聞によると、HTVは、打ち上げから約15分後に、高度290キロメートル軌道に投入された。

朝日新聞によると、HTVは、国際的な約束によって分担しているISSへの補給義務を行うために新たに開発されたもの。機体は直径約1.4メートル、長さ約10メートルの円筒形をしており、積んでいる荷物を含めた総重量は約16トン。機内には、宇宙飛行士のための食料飲料水日用品のほか、ISS内の日本の実験棟・『きぼう』で使用する実験機器などが積み込まれている。

読売新聞によると、HTVは今後、高度350キロメートルに位置するISSに接近し、1月28日未明にドッキングが行われる。3月28日にISSで生じた廃棄物を積んで離脱、翌3月29日に大気圏突入し燃え尽きることになっている。2011年6月に予定されているスペースシャトルの退役後は、HTVがISSに大型装置を輸送することが可能な唯一の手段となる予定である。

情報源[編集]

関連ニュース[編集]