東急東横線と東京メトロ副都心線、相互直通運転をスタート

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2013年3月16日】

東急東横線5050系
東京メトロ有楽町線の車両(10000系7000系
2013年鉄道関連ニュース

共同通信時事通信によると、東急東横線東京メトロ副都心線の両線の相互直通運転が、3月16日から開始された。

時事通信によると、これによって、横浜高速鉄道みなとみらい線から東横線・副都心線・東武東上線西武有楽町池袋線の各路線が繋がり、埼玉県西部から東京副都心を経由し、横浜までを結ぶ首都圏の新たな大動脈がスタートすることとなった。

共同通信によると、地上2階に位置していた東横線渋谷駅東京都渋谷区)は、直通運転開始に伴い地下5階に移設され、16日未明に最後の地上駅からの運行があった。この後、地下駅につながるレールの切り替え工事が実施され、16日午前5時頃に新駅から始発電車が発車した。

時事通信によると、所要時間は、横浜-池袋間が最速38分、元町・中華街-飯能間が最速1時間35分でそれぞれ結ばれるようになり、通勤客や観光客には便利になることと考えられる。

共同通信の別報道によると、渋谷駅では、地上での最後の営業日となった15日には、最後に写真を撮って残そうとする乗客や鉄道ファンらで混雑した。かまぼこ形の屋根が連なった同駅舎は、この後は鉄道ファンらに一般開放するイベントを実施するが、5月7日以降は随時解体されることになっている。


情報源[編集]