放火の可能性も? JR東日本ケーブル火災の原因究明続く

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
2015年鉄道関連ニュース
Wikipedia

【2015年9月1日】

JR東日本管内で、線路脇にあるケーブルが燃えた火災が相次いで発生している問題で、警視庁では放火と自然発火のどちらか原因として、捜査を進めている[1]。今回相次いでいる火災の火元となっているケーブルは地面に設置されていて、フェンス越しから見れば道路から手を伸ばせば届く位置にあった[2]

毎日新聞が警視庁へ取材したところによれば、明らかになっている3件のケーブル火災のほかに、8月16日には東京都北区にあるJR東北線高崎線尾久駅から赤羽駅の間でケーブルのカバーが焼ける不審火が1件発生、さらに、8月23日には東京都品川区にあるJR東日本品川変電所で、ぼやが1件発生していた[3]。これによって、東京都内のJR東日本管内では、5件の火災が発生していることになる[3]

朝日新聞がJR東日本に取材したところによれば、実際に燃えたのが、電源ケーブルと、通信ケーブル、それに、長さ2メートルほどの蛇腹状になっている、黒い樹脂製カバーが激しく燃えていた[2]。しかし、ケーブル本体の損傷は小さかったため、停電は起きなかった[2]

情報源[編集]

  1. 『JRケーブル火災相次ぐ 警察が原因捜査』NHK NEWSweb(日本放送協会)、2015年8月29日。
  2. 2.0 2.1 2.2 『都内JRで相次ぐケーブル火災 今月3件、放火の疑いも』朝日新聞デジタル(朝日新聞社)、2015年8月29日。
  3. 3.0 3.1 山崎征克、深津誠 『JR火災:東京都内、さらに2件…ケーブルカバー、変電所』毎日jp(毎日新聞社)、2015年8月29日。

ウィキニュース関連記事[編集]