愛知県でタバコが大量に盗まれる

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年7月2日】

朝日新聞、読売新聞によると、愛知県豊田市タバコ店で2日、店が荒され大量のタバコがなくなっているのを女性経営者(69歳)が発見し、警察に通報した。

愛知県警豊田警察署の調べでは、店の裏口のドアが壊されており、保管されていた約180カートン1,800箱(54万円相当)が盗まれていた。盗まれたタバコは6月29日に仕入れたばかりだった。

また、読売新聞によると、6月30日には大府市のタバコ店でも同様の窃盗被害にあっており、東海警察署の調べでは、セブンスターラークなど332カートン(約91万円相当)とレジにあった現金約1万2,000円が盗まれていた。

朝日新聞、読売新聞によると、7月1日にタバコが値上げしたことから、豊田警察署は転売目的の窃盗事件とみて、大府市の事件との関連性を含めて捜査している。

関連記事[編集]

出典[編集]