山手線、40年ぶりの新駅を検討

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2012年1月4日】

2012年鉄道関連ニュース

産経新聞共同通信社は、JR東日本山手線品川-田町駅間で所有している車両基地を縮小して再開発し、新の建設を検討していることが、1月4日UTC+9)に同社などへの取材で分かったと報じた。

山手線の新駅は、1971年昭和46年)の西日暮里駅以来約40年ぶりで、同線では30番目の駅となる。

東京都港区、JR東日本などで構成する再開発計画の検討委員会が中心となり、早ければ2013年平成25年)度には着工開始予定で、2014年(平成26年)度にも本格的な着工を目指す。

同社によると、再開発が検討されているのは、品川駅から北側1キロ地点にある10-15ヘクタールの「田町車両センター」跡地。

共同通信によると、同社は現在、上野駅までで止まっている常磐東北高崎各線を東京駅まで延伸し、南から北上する東海道線と互いに直通させる「東北縦貫線」を2013年度中に完成させる予定としている。

産経新聞によると、この延伸によって車両基地の縮小が可能となり、その空きスペースを利用して開発事業を進めるという。

また、再開発予定地は、東海道新幹線が停車し、リニア中央新幹線の乗り入れも予定されている品川駅にも近く、2011年12月から「特区」の指定も受けており、国際的なビジネス街としての整備が予定されているという。

情報源[編集]