小惑星探査機はやぶさ、地球への帰還軌道へ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年3月31日】

2005年に小惑星イトカワに着陸し、地球帰還を目指している小惑星探査機はやぶさ」が3月27日(UTC+9)、地球へ接近する軌道に入った[1]。これを受けて、宇宙航空研究開発機構は同日、軌道変更に用いられていた「はやぶさ」のイオンエンジンを停止した[2]

「はやぶさ」は世界で初めて小惑星のを持ち帰ることを目標として、2003年5月に鹿児島県内之浦から打ち上げられた[1]。2005年11月にイトカワに着陸後、通信の途絶などで帰還予定が当初の2007年から3年遅れることとなった[2]。昨年11月にはエンジンの故障で帰還が危ぶまれたものの、4基のエンジン中、故障していない2基を用いて飛行を続けてきた[1]。今後は数回の軌道微調整を行って地球に接近し、小惑星の砂が入った可能性のあるカプセルをオーストラリアの砂漠に投下する予定[1][2]

宇宙航空研究開発機構は27日の午後3時過ぎ、神奈川県相模原市の運用管制室から「はやぶさ」へエンジン停止の信号を送り、およそ5分後にエンジンの正常な停止が確認された[2]

エンジンの運用を担当した国中均・宇宙航空研究開発機構教授は、「宇宙技術の面では、エンジンによる地球と小惑星との往復を達成できたと考えており、大満足。よく帰ってきてくれた」と喜びの言葉を述べた[1][2]

情報源[編集]

本ニュースは「朝日新聞」と「共同通信」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 asahi.com 『惑星探査機「はやぶさ」、6月帰還にめど 軌道入り確認』朝日新聞社、2010年3月27日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 47NEWS 『小惑星探査機はやぶさ、地球へ 軌道変更に成功』共同通信社、2010年3月27日。

関連ニュース[編集]