探査機はやぶさ、小惑星「糸川」に着陸していた―データ解析で判明

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年11月25日】 日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11月23日(日本時間)の会見で、20日に小惑星「糸川」への着陸を試みた探査機はやぶさが、30分ほど「糸川」に着陸していたことが判明したと発表した。20日の同機構の会見では着陸はしなかった模様だと発表していたが、その後のデータの詳細解析により、障害物を検知したはやぶさが、自ら緊急着陸が妥当と判断し2回のバウンドを経て「糸川」の「ミューゼスの海」に着陸していたと判明した。朝日新聞によればはやぶさは、着陸からおよそ30分後に指令により離陸し、現在23日時点では「糸川」から40-50kmの地点にあるという。

また、88万人の名前が刻まれた、はやぶさの着陸地点の目標となる「ターゲットマーカー」も、無事に「糸川」の「ミューゼスの海」に着地した。はやぶさは月以外の天体への離着陸に成功した、世界初の探査機となった。「糸川」の岩石採取のために発射されるはずだった金属弾は発射されなかったが、読売新聞によれば、はやぶさ着地時の衝撃で舞い上がった砂が採取された可能性もあると報じている。

宇宙航空研究開発機構は25日夜(日本時間)にも「糸川」のはやぶさへの再着陸と岩石採取を行う予定だが、朝日新聞によれば一部のセンサーで点検が必要で、読売新聞・毎日新聞によれば実行されるかは微妙で、センサーの点検後に日程を決めるという。

関連記事[編集]

出典[編集]