寝台特急『日本海』が最終走行

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2012年3月17日】

寝台特急『日本海』
2012年鉄道関連ニュース

朝日新聞産経新聞によると、40年余りに亘って大阪-青森間を結んできた寝台特急・「日本海」が、3月17日UTC+9)のダイヤ改正定期運行から退くことになり、最終列車3月16日夕方に大阪駅を出発した。

産経新聞によると、関西発着の「ブルートレイン」は、国鉄時代から親しまれてきたが、新幹線高速道路網の拡大による乗客の減少によって役割を終え、姿を消す運びとなった。

産経新聞によると、国鉄時代の1950年急行として運行開始した「日本海」は、1968年に特急に昇格。青い客車を使用するブルートレインは、昨今廃止が相次いでおり、今後残る列車は、「北斗星」(上野-札幌間)と「あけぼの」(上野-青森)の2列車のみとなる。

朝日新聞によると、午後5時47分に列車が動き出すと同時に、「ありがとう」などの叫び声が、大阪駅のホームに響き渡った。

朝日新聞によると、最終列車に惜別乗車した乗客の一人は、「『日本海』は、私にとって青春の思い出。時代の流れで仕方無いですが、惜しいです」と話していた。

情報源[編集]