太陽系最大の矮惑星2003 UB313、「エリス」と命名

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年9月15日】

エリス(中央手前)とディスノミア(中央奥)(資料)

国際天文学連合(本部:パリ)は13日、これまで「2003 UB313」と呼ばれていた冥王星よりも大きい太陽系最大の矮惑星を「エリス」(Eris)と命名したことを発表した。また同時に、エリスの衛星は「ディスノミア」(Dysnomia)と命名された。

ギリシア神話のエリス(資料)

朝日新聞および読売新聞によると、「エリス」はギリシア神話における不和と争いの女神エリス (Ἔρις) にちなんだものだという。

ウィキペディアやウィキニュースの過去の記事によると、エリスは発見当初から2003 UB313という仮符号で呼ばれていたが、発見者らは「ゼナ (Xena)」というコードネームで呼んでいた。2005年1月には(地球から見た他の天体に対して)動いていることが分かり、太陽系の天体であることが分かった。NASAは同年7月に「太陽系の新たな惑星を発見した」と発表し、惑星である可能性が高いとされていた。この時点ですでに、発見者らは国際天文学連合にエリスの名称の案を提案していた。先月には同連合総会でエリスを惑星とする案が提示されたが、最終的には「矮惑星」に分類されることとなった。今月8日には136199という小惑星番号が付けられていた。

関連記事[編集]

Wikipedia
ウィキペディアエリス (小惑星)に関する記事があります。

出典[編集]