大阪ダブル選挙・大阪維新の会圧勝 - 橋下氏市長当選

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
大阪市長・橋下徹氏
大阪市長選挙のポスター掲示板(大阪市鶴見区)
大阪府知事選挙のポスター掲示板(大阪市鶴見区)

【2011年11月28日】

読売新聞によると大阪府知事大阪市市長のダブル選挙が11月27日に投票・即日開票され、このうち、大阪市長選挙では前大阪府知事の橋下徹(はしもと・とおる)氏(42)、また知事選挙では松井一郎氏(47)の、いずれも「大阪維新の会」の公認候補が当選を果たした。

産経新聞によると、橋下・松井の両氏の会見が行われた大阪市内の会場では、投票締め切りの午後8時ごろから支援者が多数集まり、締め切り直後に「両候補に当選確実が出ました」との一報が伝わると、維新の会のメンバーの大阪府・市議会議員から拍手が送られた。

NHKによると、橋下市長は会見で「大阪都(おおさかと)構想を実現したいという強烈な思いが有権者に伝わったと思う」と延べ、この構想が政党などの協力を得られない場合、衆議院の次期選挙に候補者擁立を示唆するコメントをした。

その一方、読売の別の記事によると、市長選に敗れた平松邦夫氏(63)は「この街を支えてるのは人の力。大阪市が解体されるかもしれないことが伝わらなかった」とした上で「閉塞感を打ち破ってほしいという市民の思いがあったが、橋下さんの強さを感じた」と敗因を述べている。平松氏は「大阪市をバラバラにする」として大阪都の構想に反対し、橋下氏の手法を「独裁だ」と非難していた。

投票率は6割を越す[編集]

朝日新聞によると、今回の大阪ダブル選挙は有権者の関心が高く、市長選挙の投票率が60.92%で、当時の市長が死亡したことに伴い行われた1971年12月以来の投票率5割越えとなった。また、知事選挙は52.88%だった。

情報源[編集]

関連ニュース[編集]