橋下徹・大阪府知事が辞職、大阪市長選に出馬へ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2011年10月22日】

橋下徹・大阪府知事

毎日新聞読売新聞によると、大阪府橋下徹知事(42歳)は10月22日未明(UTC+9)に、同府議会の浅田均議長に辞職願(10月31日付)を提出し、同府議会本会議で同意された。

毎日新聞によると、橋下知事は本会議終了後に、大阪市長選挙11月13日告示、同月27日投開票)への出馬を表明。これに伴い、同府選挙管理委員会は、府知事選挙について、11月10日告示、市長選と同日となる27日投開票とする日程を決めた。市長選は、橋下知事と、再選を目指す現職の平松邦夫市長(62歳)との対決が確実となった。

読売新聞によると、橋下知事は辞職願提出後、議場に於いて退任の挨拶を行い、「『府と市の在り方を何とかしなければ大阪に未来は無い』との思いが日に日に強まるばかりで、最早、自分でも抑えることができない」と述べた。

毎日新聞によると、その後、橋下知事は「市長選に出馬します。今の大阪市役所において、少しでも『大阪都構想』を実現に向け進めることができるのは僕しかいない」と、出馬に向けての決意を述べた。

読売新聞によると、21日の府議会は、「任期途中で退任するのは無責任である」などとの自民党府議らの抵抗により紛糾し、このため、一般会計補正予算案などの採決は、22日未明までずれ込んだ。

毎日新聞によると、橋下知事は2008年の知事選で、自民・公明両党の推薦などを受け初当選。しかしその後2010年1月に、同府と大阪市などを再編する『大阪都構想』を打ち出し、さらに同年4月には、地域政党大阪維新の会(以下、「維新の会」)を結成。維新の会は、2011年4月統一地方選挙に於いて、同府議会で過半数を獲得し、大阪市議会第1党となった。

毎日新聞によると、維新の会は、府知事選に同会幹事長松井一郎府議(47歳)を擁立する方針を決めた。松井氏は22日未明に、維新の会府議団の幹事長を辞任、「大阪都に向け邁進したい」と、出馬への意欲を示した。

情報源