国土交通省のキャリア職員、酒に酔って新大阪駅で駅員殴る

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年7月7日】

2010年鉄道関連ニュース


読売新聞朝日新聞によると、大阪府警淀川署[1]7月7日UTC+9)に、JR新大阪駅駅員を殴り負傷させたとして、内閣官房に出向中の国土交通省職員・後藤慎一容疑者(41歳)(東京都江戸川区在住)を、傷害容疑で現行犯逮捕したと発表した。

両報道によると、同署の話として、後藤容疑者は、6日午後9時10分頃に、同駅の在来線から新幹線に乗り換える[2]自動改札前で、男性駅員(20歳)の顔を拳で殴り、左付近に[2]軽傷を負わせた疑いがある。読売新聞によると、「切符が自動改札機に詰まり、駅員の対応が遅いので、腹が立ってやった」と供述している模様である。

両報道によると、後藤容疑者は、国家公務員制度改革推進本部に所属し企画官を務めるキャリア官僚で、講演のため大阪市内を訪れていた。読売新聞によると、この日は同僚らと共に新幹線東京に戻るところで、当時、を飲んでいたという。

情報源[編集]

  1. 読売新聞より
  2. 2.0 2.1 朝日新聞より