コンテンツにスキップ

台風21号、5日中にもインドシナ半島へ再上陸か―比の死者・不明者は900人超え、1,000人以上の情報も

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
台風第0621号「ドリアン」
台風21号、4日午後2時30分。合同台風警報センターによる
4日午後9時45分に
気象庁が発表した
4日午後9時の実況
位置 南シナ海
北緯10度50分
東経109度40分
大きさ
強さ
中心気圧 980hPa
最大風速 30m/s
進行方向 南西
速度 20km/h
暴風域 半径 60km
強風域 北側 370km
南側 260km
上陸 フィリピン

【2006年12月4日】

気象庁によると、フィリピンで大きな被害を出した台風21号「ドリアン」(Durian) は、4日午後9時現在、ベトナム沖約90kmの南シナ海にあって、南西へ毎時20kmの速度で進んでいる。暴風域も依然伴っている。明日5日にもインドシナ半島・ベトナム南部に上陸するものと見られている。その後はカンボジアからタイへ向かって熱帯低気圧になる予想だ。

CNNによれば、フィリピンでは4日も被災者の救出を行なった。同国防災当局の発表では、死者425人、不明者は599人に上った。負傷者も507人が確認されたという。マヨン山火山灰による深刻な泥流被害を受けたアルバイ州では、機械が入れられない状態のため、手作業での捜索となっている 。同州では少なくとも190人ほどの死亡が確認された。しかし、通信手段が途切れているため、正確な人数は把握できず、土砂災害も深刻なため、フィリピン赤十字社は死者は1,000人を超えた可能性があるとした。

一方で、日本赤十字社も本格的な支援に乗り出した。マヨン山のふもとレガスピ市では、救援物資などを配布している。5日には看護師も派遣される予定。同市では、ライフラインも途絶え、空港も損壊しているという。また、アイリッシュ・イクザミナーによれば、アイルランド政府は30万ユーロの援助を発表した。

関連記事[編集]

出典[編集]