コンテンツにスキップ

非常に強い台風21号、フィリピンまで180km

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
台風第0621号「ドリアン」
台風21号、29日午後5時56分。アメリカ海軍調査研究所による
29日午後6時45分に
気象庁が発表した
29日午後6時の実況
位置 フィリピン東岸沖約180km
北緯13度10分
東経126度50分
大きさ
強さ 非常に強い
中心気圧 920hPa
最大風速 50m/s
進行方向 西
速度 20km/h
暴風域 半径190km
強風域 北東側410km、南西側310km

【2006年11月29日】

気象庁によると、非常に強い台風21号「ドリアン」(Durian) は、29日午後6時 (UTC+9) 現在フィリピン東岸沖約180kmの太平洋上にあって、西に進んでいる。30日から1日にかけてマニラに接近するものと見られる。

ロイターによれば、フィリピンルソン島の12の州で台風に関する警報が発せられた。


出典[編集]