台風14号、南北大東島近海に−日本列島縦断か

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
台風第0514号「ナービー」
(9月4日午後9時55分
=気象庁による)
位置 奄美大島の南東 約260km
-北緯 26度35分
-東経 131度10分
中心気圧 935hPa
最大風速 45m/s
進行方向 北西
速度 10km/h
暴風域 南東側 300km
北西側 260km
強風域 南東側 850km
北西側 650km
上陸 -

【2005年9月5日】

気象庁によると、大型で非常に強い台風14号「ナービー」は、4日午後9時55分(日本時間、UTC+9)現在北大東島の西北西にあって、奄美大島などをもすでに暴風域に含んでいる。この他、九州から南西諸島にかけての広い範囲がすでに強風域に入っている。

沖縄タイムス紙によれば、3日には南大東島村、北大東村の住民18人が自主的に避難した。船便が欠航し、生鮮食料品が入手しづらくなっている。サトウキビなどの農作物への影響も危惧されている。また朝日新聞によれば、4日には両村で29人が避難し、北大東島で建物1棟が強風で倒壊した。

鳥取県西伯郡大山町では、4日、沢登り中の登山者グループ20名のうち、10名が増水のため動けなくなったと、グループの他のメンバーが警察に通報した。救助は5日になる見込み。

東京都や埼玉県などでも4日、この台風からの空気の影響で強い雨が降り、読売新聞によると、東京都杉並区では、午後9時前後に1時間あたり112ミリの雨が降り、床上浸水した。

今後、台風は北に向かい、早ければ5日中にも九州に上陸するおそれがある。その後、コースによっては日本列島を縦断する可能性がある。

台風14号、4日午後8時30分 アメリカ海軍台風情報センターによる

関連項目[編集]

出典[編集]

|