北朝鮮が「人工衛星」打ち上げ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年4月6日】

日本経済新聞によると、朝鮮民主主義人民共和国(略称:北朝鮮)が2009年4月5日に「人工衛星」搭載と主張するミサイルを発射した。この「人工衛星」は、東北地方上空を通過した。

毎日新聞によると、北朝鮮政府の朝鮮中央通信は、2009年4月5日に「運搬ロケット『銀河2号』で人工衛星『光明星2号』の打ち上げに成功した」と伝えたという。また、北朝鮮政府直営テレビ局の朝鮮中央放送も「(「人工衛星」の)発射に成功した」と放映したと伝わっている。

東京新聞によると、北朝鮮は2009年4月5日の午前11時頃(UTC+9)に朝鮮民主主義人民共和国日本海側に位置する舞水端里(ムスダンリ)にある「人工衛星」発射基地から1発のミサイルを打ち上げ、ミサイル1段目は秋田県沖の日本海に落下し、2段目は東北地方上空を通過して太平洋に落下したと見られる。

出典[編集]

関連ニュース[編集]