北朝鮮、ミサイル数発を発射

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年7月5日】

朝鮮民主主義人民共和国は5日、計7発のミサイルを発射した。朝に6発、夕方に1発を発射し、いずれも日本海北部に落下した模様。

東京新聞によれば、テポドン2においては「第二エンジンの燃料タンクに燃料ではなく水をいれて失敗に見せかけたのではないか」と言われている。また、発射台にテポドン2号と見られるミサイルの発射準備をしているとNBCが伝えた。

朝日新聞によれば、日本政府は現在新潟西港沖に停泊中の万景峰号の入港禁止を決め、北朝鮮との貿易や送金などを禁止、制限するなどの経済制裁を検討している。

産経新聞によれば、大韓民国軍当局ではこの発射を、アメリカ合衆国の独立記念日に合わせたものと分析している。

タイムテーブル[編集]

推測される落下地点。青色の部分は、テポドン2号が落下したと推測される海域(資料)

すべて北朝鮮時間(UTC+9、日本時間と同じ)

  • 5日午前3時32分 1発目のミサイル発射
  • 5日午前4時04分 2発目のミサイル発射
  • 5日午前4時59分 3発目のミサイル発射(テポドン2号と見られる)
  • 5日午前7時13分 4発目のミサイル発射
  • 5日午前7時30分 5発目のミサイル発射
  • 5日午前8時17分 6発目のミサイル発射
  • 5日午後5時22分 7発目のミサイル発射
  • 5日夜 国際連合安全保障理事会で緊急会合開催

出典[編集]

ウィキメディア・コモンズ
ウィキメディア・コモンズこの記事の内容に関するマルチメディアファイルがあります。