九州新幹線鹿児島ルート、2011年3月12日に全線開業

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年9月16日】

『さくら』・『みずほ』に使用のN700系7000番台
『つばめ』用800系
2010年鉄道関連ニュース

朝日新聞日本経済新聞によると、JR九州JR西日本は、九州新幹線鹿児島ルートの全線開業日が2011年3月12日UTC+9)に決まったと、9月15日に正式発表した。

両報道によると、同日から山陽新幹線と九州新幹線との相互直通運転新大阪鹿児島中央間、約810キロメートル)も開始される。

朝日新聞によると、九州新幹線鹿児島ルートは、新八代―鹿児島中央間(約127キロメートル)が2004年3月に先行開業。今回の博多―新八代間(約130キロ)の開通により、大阪市鹿児島市とが1本の鉄道で繋がることになる。

日本経済新聞によると、新大阪-鹿児島中央間の直通列車は、基本列車としては『さくら』を運行するが、停車駅を絞り、同区間を最速3時間47分で運行する『みずほ』も運行予定である。また、九州新幹線内(博多-鹿児島中央駅間)は『つばめ』を運行させる。朝日新聞によれば、『みずほ』で最速3時間47分(先述)、停車駅が若干多い『さくら』でも約4時間で結ぶ予定で、料金や各列車の停車駅については調整中である。

朝日新聞によると、JR西日本の佐々木隆之社長は、「大阪―鹿児島間で、ライバルの飛行機と五分五分のシェアに迫りたい」とコメントし、競合区間に於いて割引切符を発売する可能性を示した。

情報源[編集]