九州北部と山口、昨年より6日遅く梅雨明け

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年7月18日】


福岡管区気象台は17日、九州北部と山口県梅雨明けしたとみられると発表した。17日での梅雨明けは、平年(18日)より1日早く、昨年(11日)より6日遅い。

17日の九州地方は、太平洋高気圧に覆われて気温が上がり、熊本市では35.2度を記録した。梅雨前線は北上し、今後は晴れの天気が続く見込み。

今年の九州地方は、平年より雨量が少ない所が多く、空梅雨となった。主な地点の、期間中の降水量は次の通り。下関 473.5ミリ、山口 500ミリ、福岡 291ミリ、飯塚 306.5ミリ、大分 358.5ミリ、佐賀 330.5ミリ、長崎 270ミリ、熊本 345ミリ。(17日気象庁発表)


出典[編集]

関連項目[編集]