中国の期限切れ肉事件 アメリカ親会社CEO謝罪

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
最近公開された記事

【2014年7月24日】

中国の「上海福喜食品」が使用期限切れの食肉を取引先に流通・納入していた事件で、上海福喜食品の親会社で、アメリカの食品卸売り会社・「OSIグループ」のシェルドン・ラビンCEO(最高経営責任者)が現地7月23日に謝罪を行った。[1]

同CEOはプレスリリースで「この問題に対処するため、世界的な専門家からなるチームを派遣して、今回の"絶対許されない過(あやま)ち"を二度と起こさないようにする」と明言。また「私は言い訳をするつもりはない。深刻な過ちで、私が所有する会社でこのようなことが起きたことに愕然(がくぜん)としている」と述べているが、今回の問題の原因や責任が誰にあるかなどは明言していない。[1]

ケンタッキーフライドチキン(同型品) GFDL

また今回の事件を受けて、ケンタッキーフライドチキンの運営会社であるアメリカの企業・ヤム・ブランズは、現地7月23日、OSIグループの中国工場から仕入れるのを取りやめたことを発表した。[2]ヤム・ブランズは中国政府による調査を行った後でOSIとの取引関係を打ち切ったとしている。[3]

その一方で、マクドナルドのアメリカ法人はOSIとの取引は維持する方針であると伝えている。マクドナルドは上海福喜食品の工場を中国当局が閉鎖したのち、別の加工工場から仕入れる方針を示し、「福喜は調査や安全管理手順の見直しで速やかに行動をしている。当社はOSIのグローバルリーダーと直接連絡を取っている。OSIは食品安全のトップレベルの専門家を中国に派遣している」と発表している。[3]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 『中国期限切れ肉、米親会社CEOが謝罪』ウオールストリートジャーナル日本語版、2014年7月24日。
  2. 23日 ロイター 『期限切れ肉問題、ヤム・ブランズが中国工場から仕入れ停止』ロイター、2014年7月24日。
  3. 3.0 3.1 7月24日(ブルームバーグ) 『マクドナルドは食肉供給会社OSIと取引維持-ヤムは打ち切り』ブルームバーグ、2014年7月24日。

関連記事[編集]