このページは半保護されています。編集が必要な場合はログインしてください。

ネパール、国王の法案拒否権を剥奪、儀礼的な存在に

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年6月15日】

ネパールの下院は10日 (UTC+5:45)、国王の法案についての拒否権、国会の招集、閉会などの権限を廃止し、最高権力機関を下院とする法案を全会一致で可決した。

これは、4月21日に、ギャネンドラ・ビール・ビクラム・シャー・デーヴ国王が行政権を返還すると声明を発したことを受けたものである。5月に国王による軍の統帥権、徴税免除(ロイター)などの権限が廃止されており、産経新聞によれば今回の可決で国王は完全に儀礼的な存在となったと、政党関係者は話している。また、APIによれば、議会の広報担当は、「国王から独立して新しい法律を起草したり施行したりすることができる」と話した。また、最大政党の「ネパール会議派」の議員は、「議会で国王や王室を批判することができるようになった」と話した。

Zee Newsによれば、ギリジャ・プラサド・コイララ首相は14日、国の平和を維持するために、国王の儀礼的な役割が必要だと語った。君主制の廃止を主張しているネパール共産党毛沢東主義派との対話が15日以降に予定された。

関連記事

出典