ディープインパクト、天皇賞は出走せず

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年10月23日】 読売新聞によると、ディープインパクトは10月29日に東京競馬場 で行われる天皇賞に出走しないことが決まった。これは、池江泰郎調教師日本中央競馬会を通して明らかにした。

産経新聞によると、同馬の金子真人オーナーと池江調教師が協議し「凱旋門賞から帰国して日が浅い」として天皇賞への出走を見合わせることとなったという。池江調教師は「次のレースへ向けて調整を続ける」と話している。なお同馬は凱旋門賞出走時に尿のサンプルからイプラトロピウムという禁止薬物が検出されたが、日本の競馬レースには出走可能である。

出典[編集]