第85回凱旋門賞はレイルリンク—ディープインパクトは3着入線

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年10月2日】

フランスのロンシャン競馬場で1日(UTC)、競馬の世界最高峰レースのひとつといわれる第85回凱旋門賞(芝2,400m・G1)が行われ、地元フランスのレイルリンク(3歳牡馬)が優勝した。2着はプライド(フランス、6歳牝馬)、3着は日本中央競馬会所属のディープインパクト(4歳牡馬)だった。

サンケイスポーツ、中日スポーツによると、1番人気はディープインパクトで、単勝オッズで1.1倍という圧倒的な支持だった。スタート直後、2番手につけたディープインパクトは、残り300m地点で先頭に立ったが、残り100m地点でステファン・パスキエ騎手のレイルリンクに差され、ゴール直前にはクリストフ・ルメール騎手のプライドにもかわされた。ディープインパクトに騎乗した武豊騎手はレース後のインタビューで「残念です」と述べた。

なお、サンスポによると、ロンシャン競馬場には日本から4,000人を越す競馬ファンがディープインパクトの応援に訪れたという。

着順[編集]

着順 馬番 競走馬名 性齢 斤量 タイム/着差
1 5 レイルリンク 牡3 56.0 2’26”30
2 4 プライド 牝6 58.0 クビ
3 1 ディープインパクト 牡4 59.5 1/2
4 2 ハリケーンラン 牡4 59.5 1 1/2
5 8 ベストネーム 牡3 56.0 2
6 7 アイリッシュウェルズ 牡3 56.0 短クビ
7 6 シックスティーズアイコン 牡3 56.0 4
8 3 シロッコ 牡5 59.5 1 1/2

出典[編集]