ディープインパクトから禁止薬物を検出—フランスの競馬統括機関

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年10月19日】

ディープインパクト号(資料、GFDL/cc-by-sa-2.5)

共同通信によると、凱旋門賞に出場した日本中央競馬会所属のディープインパクト(4歳牡馬)から、禁止薬物のイプラトロピウムが検出されたとの報告を受けたと、日本中央競馬会 (JRA) が19日、発表した。

フランスの競馬統括機関であるフランスギャロが、凱旋門賞に出場したディープインパクトの理化学検査を行い、JRAに報告した。朝日新聞によれば、この薬物は気管支の拡張に作用があるとされ、日本においては使用が禁止されていない。

産経新聞によれば、このレースでディープインパクトに騎乗した武豊騎手は「ただただ、驚いています。」とコメントした。

出典[編集]