ソフトバンク、ボーダフォン日本法人の買収を正式発表

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年3月17日】

ボーダフォン笹塚店(東京都) - 資料

ロイター通信、読売新聞、中日新聞によると、インターネットのポータルサイト最大手・Yahoo!JAPAN福岡ソフトバンクホークスの持ち株会社として知られるソフトバンクが17日、携帯電話ボーダフォンの日本法人の発行済み株式の97.7%をボーダフォンの英国法人から買収することを発表した。併せてYahoo!JAPANが携帯電話事業で提携を結ぶことも発表された。

ロイターによると、ボーダフォン日本法人の株式価値は1兆7,500億円を予定している。ソフトバンクの全額出資子会社を通して2ヶ月以内に購入する。購入金額のうち、1兆1,000万円から1兆2,000万円については、LBOによるノン・リコースローン(非遡及型融資)を使って資金を調達する。また、ソフトバンク本体は2,000億円、ヤフーも1,200億円を出資するとしている。一方、中日新聞によればボーダフォン英国法人はソフトバンク子会社に4,000億円程度出資して優先株を引き受けるとともにロイターによれば取締役を1人派遣する。

読売新聞によると、ソフトバンクはボーダフォングループとの業務提携を図るに当り、インターネット関連事業での合弁会社を設立する。

当初ソフトバンクは2007年4月に携帯電話事業に新規参入する予定だった。しかし、ボーダフォン日本法人を買収することによって、参入時期が早まるばかりでなく、ボーダフォン日本法人の契約者約1,500万人や施設を含む資産を継承してのスタートとなる。孫正義社長も「新たにゼロから立ち上げるよりは、はるかに大きな基盤からスタートできる」と話している。

中日新聞によると、ボーダフォンは、日本の携帯電話事業3社のうち最下位のシェアとなっている。

関連記事[編集]

出典[編集]