ソフトバンク、ボーダフォン買収か

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボーダフォンの店舗のひとつ、東京・笹塚店

【2006年3月7日】

フジサンケイビジネスアイなど各報道によると、イギリスに本拠を置く携帯電話世界最大手ボーダフォンの日本法人に対して、ソフトバンクが買収交渉を行っていることが明らかになった。朝日新聞や日本経済新聞によると、買収金額は2兆円前後に達する可能性があると報じている。

CNET Japanによれば、ソフトバンクはグループの「BBモバイル」で、2007年4月1日からNTTドコモやボーダフォンの第三世代通信方式と同じW-CDMA方式を利用した携帯電話事業に参入の予定で、2005年11月9日に総務省から認可を得ている。このような中で既存携帯電話会社を買収する方向に動いたのは、ゼロからの基地局などの各種整備にかかる時間を短縮する狙いがあると、フジサンケイビジネスアイや朝日新聞などが報じている。

一方、ソフトバンクが、新規参入企業として割り当てられた周波数帯とボーダフォンから継承される周波数帯との両方を獲得することとなることについて、朝日新聞や産経新聞などによると、昨年同時に携帯電話事業への新規参入認可を得たイー・アクセスが総務省にクレームを入れており、最終的に買収が実現した場合の、認可済みの周波数帯の扱いなどが注目される。

朝日新聞やフジサンケイビジネスアイは、買収が成立した場合、日本の携帯電話業界はNTTドコモ、au、ソフトバンク=ボーダフォンの3大勢力となり、同3社の関連会社がほぼ同じ勢力を持っている通信業界全体にも影響が広がるのではないかとしている。

関連記事[編集]

出典[編集]