JFA会長選 田嶋副会長が原専務理事を破る

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2016年1月31日】

1月31日に日本サッカー協会の会長選挙が行われ、田嶋幸三副会長が、原博実専務理事を下して、次の日本サッカー協会の会長に就任することになった[1]

日本のスポーツ界で初めての試みとなる公開での会長選は[2]、FIFA(国際サッカー連盟)が「透明性を高めるように」という要請によって行われ[3]、各都道府県のサッカー協会やJ1リーグのクラブ、それに、サッカーの関連団体の代表者、合わせて75人の評議員が投票した[2]。その結果、田嶋副会長が40票、原専務理事が34票、白票が1票で[1]、田嶋幸三副会長が次の日本サッカー協会の会長に就任することになった[2]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 『日本サッカー協会、次期会長に田嶋幸三氏を選出』読売新聞社、2016年1月31日。
  2. 2.0 2.1 2.2 『サッカー協会会長に田嶋氏 初の選挙、原氏破る「身の引き締まる思い」』スポーツニッポン、2016年1月31日。
  3. 鈴木英世 『日本サッカー協会 田嶋幸三副会長が次期会長に』毎日新聞社、2016年2月1日。

ウィキニュース関連記事[編集]