FIFA汚職事件 2人がアメリカへの身柄引き渡しを認める

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2015年9月24日】

Wikipedia
ウィキペディア2015年FIFA汚職事件に関する記事があります。

FIFA汚職事件で逮捕された7人のうち、ジェフリー・ウェブFIFA前副会長に続いて、2人の被疑者がアメリカへの身柄引き渡しに同意した。

身柄引き渡しに同意したのはFIFAのエウヘニオ・フィゲレド前副会長(9月17日)とベネズエラサッカー協会の当時の会長だったラファエル・エスキベル氏(9月23日)の2人で、いずれも、スイスの司法当局が発表している。

2人の容疑は、2015年から2023年にわたりサッカーの南米選手権のマーケティングの権利販売を行った際、賄賂を受け取ったというものである。FIFAのフィゲレド前副会長は、ウルグアイに拠点を置いている企業から数百万ドルにも上る賄賂を受け取ったとされる。エスキベル氏も同様に、数百万ドルにも上る賄賂を受け取った疑いが持たれている。さらに、ロイター通信によれば、FIFAのフィゲレド前副会長は、資料偽造を施してアメリカの市民権を不正に取得したという疑いも持たれている。

FIFA汚職事件に関連して、アメリカへの身柄の引き渡しはこれで3人目となり、残りは4人となった。

情報源[編集]

ウィキニュース関連記事[編集]