F1・2006年シーズン開幕、第1戦バーレーンGPはアロンソが優勝

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2006年3月14日】

チェッカーフラッグ
決勝結果
その他
参考資料
優勝したルノーのアロンソ(参考資料、2005年アメリカGPにて)
サーキットコースレイアウト(GFDL)

3月10日、自動車レース最高峰・フォーミュラ1世界選手権バーレーンバーレーン・インターナショナル・サーキットで開幕し、12日午後2時30分(UTC+3、日本時間午後8時30分)から第1戦バーレーンGP決勝レース(57周、308.238km)が行われた。優勝したのは、予選4位通過だった2005年チャンピョン、フェルナンド・アロンソスペインルノー)だった。

予選トップでポールポジションを獲得したミハエル・シューマッハドイツフェラーリ)は、レース中盤36周目で2回目のピットインした際、2位で走行していたF. アロンソに抜かれてしまう。39周目にはF. アロンソがピットインしたが、28秒差をつけられていたM. シューマッハはここで抜くことができず、ピットアウトしたF. アロンソと並走した後、1コーナーで再びトップを譲ってしまう。その後、M. シューマッハは何度かアタックするも及ばず、F. アロンソがトップでチェッカーフラッグをうけ、M. シューマッハは2位に終わった。

M. シューマッハの同僚、フェリペ・マッサブラジル、フェラーリ)は、F. アロンソを追いかけていた7周目の1コーナーで単独スピンし、コースアウト。やむなくタイヤ交換のためピットインしたところ、右リアタイヤを交換する際にトラブルが発生してしまう。結局、ピット作業に46秒も掛かってしまい、あえなく後方に沈んだ。

一方、最後尾スタートだったマクラーレンキミ・ライコネンフィンランド)は、1ストップ作戦で怒涛の追い上げを見せ、ホンダジェンソン・バトンイギリス)に僅か1秒差で勝ち、3位表彰台に上がった。

純日本製チームとして期待されたスーパーアグリは、目標だった「グリッドに2台のマシンを並べる」ことは達成したが、レース開始直前には規定時間までにスタッフが井出有治のマシンから離れず、井出がペナルティを受けてしまい、18周目には2台同時にピットインさせてしまうなど、F1に不慣れなスタッフのミスも目立った。結局、井出は36周目でメカニカルトラブルでリタイアしたが、佐藤琢磨はトップと4周遅れながらも、なんとか無事に完走した。

第2戦マレーシアGPは3月16日からマレーシアセパン・インターナショナル・サーキットで行われ、決勝レースは3月19日午後3時(UTC+8、日本時間午後4時)にスタートする。

決勝レース結果[編集]

  ドライバー 出身国 コンストラクター タイヤ*1 タイム
1 F. アロンソ スペイン ルノー MI 1:29'46.205
2 M. シューマッハ ドイツ フェラーリ BS 1:29'47.451
3 K. ライコネン フィンランド マクラーレン MI 1:30'05.565
4 J. バトン イギリス ホンダ MI 1:30'06.197
5 J-P. モントーヤ コロンビア マクラーレン MI 1:30'23.253
6 M. ウェバー オーストラリア ウイリアムズ BS 1:30'28.137
7 N. ロズベルグ ドイツ ウイリアムズ BS 1:30'49.248
8 C. クリエン オーストリア レッドブル MI 1:30'52.976
9 F. マッサ ブラジル フェラーリ BS 1:30'56.112
10 D. クルサード イギリス レッドブル MI 1:31'01.746
11 V. リウッツィ イタリア トロ・ロッソ MI 1:31'12.202
12 N. ハイドフェルド ドイツ BMWザウバー MI 1周遅れ
13 S. スピード アメリカ トロ・ロッソ MI 1周遅れ
14 R. シューマッハ ドイツ トヨタ BS 1周送れ
15 R. バリチェロ ブラジル ホンダ MI 1周遅れ
16 J. トゥルーリ イタリア トヨタ BS 1周遅れ
17 T. モンテイロ ポルトガル ミッドランド BS 2周遅れ
18 佐藤琢磨 日本 スーパーアグリ BS 4周遅れ
DNF 井出有治 日本 スーパーアグリ BS 35周目リタイア
DNF J. ヴィルヌーヴ カナダ BMWザウバー MI 29周目リタイア
DNF G. フィジケラ イタリア ルノー MI 21週目リタイア
DNF C. アルバース オランダ ミッドランド BS 1周目リタイア
*1 MIミシュランBSブリヂストンを意味する。

関連記事[編集]

出典[編集]