2011年の今年の漢字は「絆」 東日本大震災やなでしこジャパンの活躍を反映

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2011年12月13日】

日本漢字能力検定協会(本部:京都市下京区)は12月12日(UTC+9)、今年1年の世相を漢字一文字で表す「今年の漢字」が「」に決まったと同市東山区清水寺[注釈 1]発表した[1][2]。同日、清水寺の森清範貫主が特大の和紙に「絆」の字を揮毫した[1]

全国からの応募総数は過去最多となる49万6997票で、このうち12.4%[注釈 2]にあたる6万1453票が「絆」であったという[1][2]。多くの命が失われることとなった東日本大震災[2]台風の被害などを通じて家族や地域のつながりが見直されるようになったことが反映された[1]。震災の被災者からも、「日本や世界中のに支えられて頑張ってこられた」(福島県在住の42歳女性)などのメッセージとともに応募があった[2]

このほか、サッカー女子ワールドカップで優勝を果たした「なでしこジャパン」のチームワーク[1][2]や、各地の児童養護施設ランドセル等が贈られた出来事などの善意の広がりも選定の理由として挙げられている[2]

2位以下には、順に「」「」「」「」と、震災に関連する字が続いた[2]。森貫主は「絆によって、皆で手を携えて復興を進めていってほしい」と述べた[1][2]

注釈[編集]

  1. 京都新聞より
  2. 朝日新聞より。京都新聞では「約12%」

情報源[編集]

Wikipedia
ウィキペディア今年の漢字に関する記事があります。
Wiktionary
ウィクショナリーの項目があります。

本ニュースは「朝日新聞」と「京都新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 asahi.com 『今年の漢字は「絆」 2位「災」、3位「震」』朝日新聞社、2011年12月12日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 京都新聞 『「絆」が支えた1年 今年の漢字』京都新聞社、2011年12月12日。

関連ニュース[編集]