2009衆院選 日本全国で1374人が立候補し選挙戦開始

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本の各種選挙で使われる投票箱(大阪市今津)

最近の記事
2009年衆議院選挙立候補者遊説(GFDL資料)

【2009年8月19日】

読売新聞によると、日本衆議院総選挙は8月18日(UTC+9 以下同)公示され、「政権選択」を最大のテーマとして8月30日開催の投開票へ向けた選挙戦が本格的に開始された。

今回の総選挙には日本全国の小選挙区比例代表区を合わせて、1374人(双方の重複立候補を含む)が立候補した。それぞれの選挙の立候補の内訳は、

  • 小選挙区選挙(日本の47都道府県を更に細分化した地域単位で行う)定数300人に対して1139人
  • 比例代表区選挙(日本を11の地域ブロックに分けて行う)定数180人に対して888人
  • 小選挙区・比例代表区の重複立候補653人
  • 女性229人

今回の立候補者の人数は1994年に現在の小選挙区・比例代表区の並立方式になってから過去4回で初めて増加に転じた。また女性の候補は2000年の202人を上回るこれも過去最多。

また、毎日新聞によると、比例代表区の選挙には12の政党や政治団体が立候補を届け出ており、選挙区との重複を含む立候補者888人は前回2005年の778人を上回っている。

各党・政治団体別の候補者人数の一覧(出典・朝日新聞)

※表示している人数は選挙区・比例区(重複立候補者は除く)の合計人数である。

情報源

関連ニュース