2009世界陸上 ウサイン・ボルトが200mでも世界新記録で優勝

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
100m・200mの2冠をいずれも世界新記録更新で飾ったウサイン・ボルト選手 (2008年8月16日撮影、CC-by-sa-2.0)

【2009年8月22日】

時事通信によると、ドイツベルリンで開催中の世界陸上競技選手権大会で、8月20日(UTC+2=ドイツ夏時間 日本時間-7時間)に開催された男子200m走で、ジャマイカウサイン・ボルト選手が2008年の北京五輪で自らが出した19秒30の世界記録を更に0秒11上回る19秒19の世界新記録で優勝し、先日開催の100mと合わせての短距離2冠をいずれも世界記録更新で決めた。

47NEWSによると、国際陸上連盟がこの200m走の50mごとの通過タイムを公表したところ、ボルト選手はスタート50m~100mの50mを4秒32ペース、更に後半の100mでは9秒27で走っていたことが判ったという。ボルト選手は2位のパナマアソンソ・エドワード選手に0秒62の大差をつける圧勝だった。

産経新聞によると、ボルト選手は優勝後の会見で、「北京で俺がやったこと(100m・200mとも当時の世界記録更新で優勝)がジョークではないって皆判っただろう」と余裕の表情を見せた。また産経の別記事に掲載された専門家の見解として、伊東浩司(100m走日本記録保持者)と、朝原宣治(北京五輪男子400mリレー走銅メダリスト)の両氏はボルト選手が18秒台まで走れる可能性があることを示唆した。

情報源[編集]

関連ニュース[編集]