2008プロ野球・パ・リーグの日程発表

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年12月7日】 プロ野球・パ・リーグは12月6日、2008年度リーグ戦の日程を発表した。

時事通信と日経新聞によると、開幕戦は3月20日で、2006年度のリーグ戦上位3チームがそれぞれ主催する北海道日本ハム千葉ロッテ埼玉西武オリックス福岡ソフトバンク東北楽天イーグルスの3試合がそれぞれ3連戦で予定されているが、祝日の翌日となる21日は開催せず23日まで行う変則日程となった。

2008年度のリーグ戦も144試合で争われるが、パ・リーグ参加6チームとの間では24回総当り・120試合、交流試合セ・リーグ参加6チームとの対戦)は4回総当り・24試合である。また北京五輪の準決勝・決勝の開催される予定の8月22・23日は開催しない。

また、パ・リーグによると2008年度の公式戦で久しぶりに行われる地方球場は2箇所で、県営大宮公園球場では1954年9月の毎日(千葉ロッテ)対近鉄(消滅)以来54年ぶりに埼玉西武対千葉ロッテの6月27日の試合を、また熊本藤崎台球場では1989年6月の福岡ダイエー(ソフトバンク)対日本ハム(北海道日本ハム)以来19年ぶり(2007年度にも予定されていたが雨天中止のため)となる福岡ソフトバンク対オリックス戦の4月8日の試合がそれぞれ予定されている。なお上位3チームによるクライマックスシリーズの日程は後日発表される。

関連記事[編集]

出典[編集]