2007年プロ野球社会人・大学生ドラフト会議

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年11月26日】 日本野球機構によると、2007年プロ野球ドラフト会議の社会人・大学生その他の部が11月19日に都内であった。今回のドラフトでは34人が指名を受けて、高校生の部(10月3日)の39人を含め73人の交渉権が確定した。また引き続いて育成選手ドラフトでは15人がプロ各チームから指名を受けた。

朝日新聞によると、今回のドラフトにおいて注目された「大学野球の投手ビッグ3」のうち、大場翔太東洋大)は6チーム競合による抽選の末福岡ソフトバンクが、また長谷部康平愛知工大)は東北楽天イーグルス加藤幹典慶応大)は東京ヤクルトがそれぞれ第1巡で指名をした。

なお今回の社会人・大学生ドラフトでは2巡目指名が全球団なかった。これは高校生ドラフトの1巡目を回避した球団に対して行われるが、今回は高校ドラフトの1巡目を全チーム行ったためによる。

各球団1巡目指名選手一覧[編集]

  • 各リーグのウェーバー順に掲載。出典は日刊スポーツ。

セ・リーグ[編集]

パ・リーグ[編集]

出典[編集]