2007年プロ野球高校生ドラフト会議

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年10月12日】

10月3日、日本野球機構高校生を対象としたドラフト会議(高校生選択会議)を開催し、総勢39名に対する契約交渉権の確定を発表した。

中日新聞によると、今回の高校生ドラフトで最大の注目だった中田翔(大阪桐蔭)は4チーム競合となる抽選の末に北海道日本ハムが、また佐藤由規(仙台育英)は現在の高校生の部で最多の5チームの抽選で東京ヤクルトがそれぞれ交渉権を得た。今回のドラフトは全体で39人となり、これは過去2回の最多だった2005年の38人を上回っている。

各チームの1巡目指名選手[編集]

(出典・日本野球機構:ウエイバー順にて各リーグを掲載

セ・リーグ[編集]

パ・リーグ[編集]

また、11月19日に予定されている「大学生・社会人ほか選択会議」で1巡目指名を回避(行わない)する球団がないことから、今回の高校生ドラフトでは2巡目指名は行われなかった。

出典[編集]